ティラナからバスでベラトに移動する方法

ティラナからバスでベラトに移動する方法

アルバニアに行くこと自体は難しくないのですが、この国を旅行する難易度を上げているのが「鉄道網がほぼない」という事実。現在は壊滅しています。アルバニア人の友人に聞いても「オススメしない」の一言。

その一方で、アルバニアには魅力的な都市がいくつもあります。西部では「ドゥラス(Durrës)」、北部の「シュコダル(Shkodër)」、中部の「ベラト(Berat)」、南部の「ジロカストラ(Gjirokastër)」、南東部の「コルチャ(Korçë)」。特にベラトとジロカストラは世界遺産に登録されているにもかかわらず、日本ではあまり知られていません。

今日は世界遺産として少し(?)知られている中部の都市「ベラト」まで、たどり着く方法を経験に基づいて紹介しようと思います。この記事の前半部分はほぼ同じですが、ジロカストラ、サランダなど南部の都市に行きたい方はこちらをご参照ください。

北部のシュコダルに行きたい方はこちらをご参照ください。

すぐ知りたい!

 

鉄道網はないため、車で向かう以外の方法がありません。所要時間は約4時間。500レク(500円程度:2018年1月28日現在)、2017年2月の段階では以下の場所から出発しました。ティラナ中心部のスカンデルベク広場から徒歩30〜40分かかります。平坦な道ですが、行かれる際には絶対にタクシーに乗ることをおすすめします(筆者は歩きで向かい疲れ果てました)。

時刻表は以下の通り(アルバニア政府のホームページから引っ張っていますが、正確性は不明です)
7:10; 7:50; 8:25; 9:05; 9:45; 10:10; 10:50
(引用:http://wp.akt.gov.al/wp-content/uploads/2014/07/Albania-Interurban-Bus-Lines-Timetable-year-2017.pdf 2018年1月28日アクセス)

ベラトに行くためには・・・

ベラトには多く見積もって4時間かかるそう。途中Durrës(ドゥラス)を通るため、アドリア海を見ることができます。美しいですよ。次第に山あいに進み、ベラトにたどり着きます。平坦な道から海沿いまでさまざまな景色を目で楽しめるのが特徴です。ティラナからベラトへ向かうバス停は、市内中心部から外れています。徒歩だと30〜40分かかるため、タクシーで向かうことを強くお勧めします。所用金額は300〜400Leke(300〜400円程度 2018年1月28日現在)。

アルバニア、特にティラナを旅する際にちょくちょく聞く地名、それがZogu Zi(ゾグズィー)。そのもう1つ北西にも大きなラウンドアバウトがあります。アルバニアの国旗にある双頭のワシのモニュメントがある方です。この近くにバスステーションあります。道ゆく人に道を尋ねる時は “Where is Zogu Zi?”と尋ねれば教えてくれるはずです。

バスステーションについたら

さて、このようなバスステーション。大声を上げている強面のおじさんがたくさんいます。ビビることなく、耳を傾けましょう。この人たち、地名を叫んでいるのです。不安だったらそのうちの一人に声をかけても良いと思います。”Berat?(ベラト)”。そう尋ねれば、きっと通じるでしょう。喜んでバスまで連れて行ってくれます。

もしくはバスのフロントガラスにプレートが掲げてあります。そこに”Berat“もしくは”BERAT“と書かれているはず(場合によってはBERATIとiが付いているかも)。写真の通り、ミニバスで定員制ですので「トイレに行ってから・・・」ではなく、まずは速やかに席を確保しましょう。

バスステーションにトイレはあった・・・はず。飲み水などは販売されていた記憶がないので事前に仕入れておきましょう。なお、最初の停車地・ドゥラス市(Durrës)では、現地の若者が車に乗り込んできて、なにやら軽食を販売してくれます。

バスの運賃徴収は道中で行われます。大きなお金は嫌われます。強面の叫んでいたお兄さんが、順々に前の人から徴収していき、支払うとこのような券をくれるのです(写真は南部の都市・ジロカストラ行きのもの)。

バスにトイレはないのです

道中は4時間程度。休憩なかった記憶・・・。飲み水、トイレなどさまざまな準備、手配をしておきましょう!

ベラト街の手前のバスターミナルに到着します。ガソリンスタンドを改装した場所・・・のイメージ。ホテル等を予約していると、この場所まで迎えにきてくれます(ホテルによる差はあり)。ここから市内中心部は近いのでタクシーでも大きな金額にはならないはず、ただ、徒歩は無理だと思います。ホテルをベラト城上に予約している方は絶対に送迎サービス、ないしタクシーの利用をお勧めします。27歳(当時)男(現在も)がぜえぜえ言いながら登る急勾配。足元は石畳で滑ります。スーツケースを持っている方はまず無理です。ホテルに予約するときには確認をしておきましょう!

まとめ

出発場所はここ:

道中は4時間、500レク。バスは狭い。飲み水などは事前に仕入れておくこと。トイレ休憩はない。

現地には麓のガソリンスタンドと思しきバスターミナルに着く。かなり急な坂を登らないといけない可能性があるため、そこからの移動手段はホテルに確認をとっておくこと。

素敵な旅になりますように! ベラトは本当に美しい街ですよ!

 

ベラトの写真、撮影しました!

ベラトの街を撮影した写真はこちら。本当に美しい街です。ぜひご覧になってくださいね!

.
.
.
.

自分では参加しないと思っていたランキング。
旅行仲間、東欧・中欧好きと繋がりたい、そんな一心で始めました。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村