ティラナからジロカストラ(ドゥラス、フィエール)へバスで移動する

ティラナからジロカストラ(ドゥラス、フィエール)へバスで移動する

アルバニアに行くこと自体は難しくないのですが、この国を旅行する難易度を上げているのが「鉄道網がない」という事実。以前はあったと言われていますが、現在は壊滅しています。

その一方で、アルバニアには魅力的な都市がいくつもあります。西部では「ドゥラス(Durrës)」、北部の「シュコダル(Shkodër)」、中部の「ベラト(Berat)」、南部の「ジロカストラ(Gjirokastër)」、東の「コルチャ(Korçë)」。特にベラトとジロカストラは世界遺産に登録されているにもかかわらず、日本ではあまり知られていません。魅力はたくさんあります。

今日は世界遺産として少し(?)知られている南部の都市「ジロカストラ」まで、たどり着く方法を経験に基づいて紹介しようと思います。ジロカストラだけではなく、ドゥラス(Durrës)、フィエール(Fier)に行く方も同様の方法で行くことができます。

その前にティラナから北部の街・シュコダルに行きたい方はこちら

古都・ベラトに向かう方はこちら

すぐ知りたい!

鉄道網はないため、車で向かう以外の方法がありません。所要時間は6〜7時間。1000レク(1000円程度:2018年1月17日現在)、およそ230km。ティラナ市内のジロカストラ行きのバスステーションもコロコロ変わると言われていますが、2017年2月の段階では以下の場所から出発しました。ティラナ中心部のスカンデルベク広場から徒歩30〜40分かかりますので、さまざまなリスクを避けるため、行かれる際には絶対にタクシーに乗ることをおすすめします。

時刻表は以下の通り:

Tiranë – Gjirokastër 10:00 / 12:00 / 13:00 / 14:30 / 18:30 / 22:00

果たしてそれぞれのバスはどこから、何時に出発するのやら・・・。

現地のホームページですら・・・

しかし、ジロカストラのホームページも見ても、6時間程度かかる他、「ジロカストラ行きのバスは概して午前中に出発するが、タクシードライバーに聞け」とのこと。ご丁寧にタクシーでバス停までかかる料金も教えてくれています。300〜400レク(300円〜400円:2018年1月17日現在)

そのホームページや英語による旅人のフォーラム、筆者の経験を総動員すると、バスは下記の場所から出発します。

アルバニア、特にティラナを旅する際にちょくちょく聞く地名、それがZogu Zi(ゾグズィー)。そのもう1つ北西にも大きなラウンドアバウトがあります。アルバニアの国旗にある双頭のワシのモニュメントがある方です。

この近くにバスステーションあります。道ゆく人に道を尋ねる時は “Where is Zogu Zi?”と尋ねれば教えてくれるはず。しかし、このバス停、中心部から徒歩30分から40分程度。絶対にタクシーにのることをおすすめします。

バスステーションについたら

さて、このようなバスステーション。大声を上げている強面のおじさんがたくさんいます。ビビることなく、耳を傾けましょう。この人たち、地名を叫んでいるのです。不安だったらそのうちの一人に声をかけても良いと思います。”Gjirokaster?(ジロカストラ)”。きっと通じるでしょう。バスまで連れて行ってくれます。

もしくはバスのフロントガラスにプレートが掲げてあります。そこに”Gjirokaster“もしくは”GJIROKATËR“と書かれているはず。省略されている場合はGJ

写真の通り、ミニバスです。定員制ですので「トイレに行ってから・・・」ではなく、速やかに席を確保しましょう。窓際を。山間の本当に美しい風景が見られます。本当に! 道中の写真のページ、そのうち作りますからね。道中の。

バスステーションにトイレはあった・・・はず。飲み水などは販売されていた記憶がないので事前に仕入れておきましょう。なお、最初の停車地・ドゥラス市(Durrës)では、現地の若者が車に乗り込んできて、なにやら軽食を販売してくれます。

バスの運賃徴収は道中で行われます。1000Leke(1000円程度:2018年1月現在)を用意しておきましょう。大きなお金は嫌われます。強面の叫んでいたお兄さんが、順々に前の人から徴収していき、支払うとこのような券をくれるのです。1000Lekeというのは固定のようです。

バスにトイレはないのです

道中は6時間。途中パーキングセンター(昔のドライブインのようなところ)に1度泊まります。牧歌的で非常に田舎ですが、コーヒーも飲め、トイレも綺麗。新鮮な空気を吸ってゆっくりと休めるはずです。ここです。いや、ここに着くまで休憩ないのかよ・・・って感じですが・・・。

ジロカストラに着く

ジロカストラに着くと、街の入り口にあるガソリンスタンドに到着します。

この場所は「バスステーション」の役割も兼ねており、さらに南部の町サランダ(Sarandë)や青い湖が見られるBlue Eye、北部に帰るときの起点になります。バスのチケットなどはガソリンスタンド右側にある建物に迎うと簡素なカウンターが。希望を伝えると無愛想に、丁寧に対応してくれます。十中八九「明日その時間に来い」と言われるだけです。

なお、旧市街へはかなり急な坂道を登らないといけません。無理なら素直にタクシーを使いましょう。本当にきついです。

まとめ

出発場所はここ:

道中は6時間、1000レク。バスは狭い。飲み水などは事前に仕入れておくこと。

トイレ休憩は1回。

現地には麓のガソリンスタンドに着く。世界遺産の旧市街はかなり急な坂を登らないといけない。

素敵な旅になりますように!

参考にしたページ

Getting to Gjirokaster

http://www.gjirokastra.org/sub_links/visiting_sub/visiting_getting_to_gjirokastra.html

Trippy “Buses from Tirana to Gjirokaster”

https://www.trippy.com/vt/Gjirokaster-735823-7-3324632/Buses-from-Tirana-to-Gjirokaster.html

→ただし、この結果を見て僕は正しくたどり着けませんでした。South Bus Stationはリペアしていたのか、入り口が閉ざされていたのです。

旅行仲間、東欧・中欧好きと繋がりたい、そんな一心で始めました。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村