【日本で準備】アルバニアまでwi-fiルーターを持って行く場合

【日本で準備】アルバニアまでwi-fiルーターを持って行く場合

海外旅行に行くとき、必ず心配になることといえば「服装」と「通信環境」ではないでしょうか。前回、「アルバニアでSIMカードを手にいれる」という記事を書きましたが、今回は日本からwi-fiルーターをレンタルする場合について紹介しようと思います。

すぐ知りたい!

極論を言えば、SIMカードを現地で買いましょう。wi-fiルーターを借りる場合、アルバニアのような国では事業者が変われど、本質的な差異はないはずですが、共通する問題があります。料金とバッテリーの問題です。アルバニアという国ゆえ、料金が結構かかります。また、使い回しの機材を使う関係でバッテリーが消耗していることも。スマートフォンも、wi-fiルーターも急なバッテリー切れに備えてモバイルバッテリーを携帯するようにしましょう。

筆者のおすすめはこれです↓

20000mApあるのでiphone8だとおよそ7回充電が可能。少々重さはありますが、電波環境が悪い場所や天候によっては電池を消耗するもの。急な事態に備えて大きめのものを持って行くのがおすすめです。

Anker PowerCore Speed 20000 PD (最軽量 Power Delivery対応 20100mAh モバイルバッテリー)

成田空港で受け取れるwi-fiレンタル業者

成田空港にはいくつかモバイルルーターを提供する会社があります。一般的に知名度が高いのは「イモトのwi-fi」さんでしょうか。若者を中心に行列ができているのをよく見かけます。

価格.comさんを参考にすると、成田空港のwi-fiレンタル事業者さんは以下の会社があるようです。

海外渡航者用 海外で利用できるWi-Fiルーターレンタル

(引用:成田国際空港(成田空港)でレンタルできるWi-Fiルーター事業者 徹底比較/ http://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/airport/narita.html 2018年1月14日アクセス)

探す際は「当日の混雑具合(受け取りやすさ)」「値段」が大きなポイントになりそうですね。

価格の比較

このうち、「イモトのwi-fi」さんと「グローバルwi-fi」さんをベースに調べてみました。

条件はオフシーズンではありますが、2018年2月3日(土)〜2018年2月10日(土)の一週間滞在。

イモトのwi-fiさん(エクスコムグローバル株式会社さん)

税込13,372円!

(3G通信、データ通信量は400MB/3日、あんしんパックフル*加入(300円/1日))

なかなかの料金の上、3Gと400MBではあっという間に上限に達してしまいそうです。現地のフリーwi-fiを頼りに、普段からあまりインターネットをご利用にならない方はこのプランでも良いかもしれませんね。

*レンタルセットの盗難・紛失や損壊時の弁償代金を100%免除する補償サービスだそうです。

このほか、イモトのwi-fiさんでは、モバイルバッテリー、コンセントなどのレンタルも充実しています。1日単位で金額が発生しますが、自分で購入する時間と費用を比較した場合、お得になることも? 個人的には360°カメラのレンタルが熱いですね! 自分で買おうとは思わないものの、試してみたい時にもってこいかも?(iphone限定のサービスだそうです)。

こちら でシュミレーションができますよ!

グローバルwi-fiさん(GLOBAL WIFIさん)

こちらの特徴はアルバニアを選択しても4G通信と要領を選べること。バリエーションは以下の通りです。

  • 4G LTE 超大容量
  • 4G LTE 大容量
  • 4G LTE
  • 3G 大容量
  • 3G

*超大容量は1日あたり1GB(1,000MB)、大容量は1日あたり500MB、通常は1日あたり250MB

日本のインターネットに慣れた私たち、選べるならば4G LTE通信で大容量を選びたいところです。ということで、今回は上記の条件で検索をしてみました。

税込19,820円!

(レンタル料金14,960円、保証プラン*500円×8日分4000円、受け渡し手数料500円+税)

*安心補償パックフル に加入すると、「WiFi機器やモバイルバッテリーなどオプションを紛失・盗難・破損してしまった」場合も、弁済金が全額免除されるとのこと・・・。

やはり少々料金が上がってしまいますね。ただ、4G LTE通信は捨て難い…。

ただ、グローバルwi-fiさん、早割が存在します。

4日前までに予約する場合、料金がお安くなるそうです。国によって条件は変わりますが、アルバニアの場合でも適用されるよう。試しに調べてみると、税込で1600円ほど減額されるよう。地味に大きい金額です。

アルバニアではやはり・・・

2社の料金プランをざっくりと調べてみましたが、やはり高い・・・というのが筆者の印象。

SIMフリーの携帯電話を手に入れられる環境にあれば、可能な限りSIMカードを現地で購入したい、というのが感想です。

ところで、両事業者さんともに「モバイルバッテリー」や「カメラ」が提供されていたのが印象的でした。旅をより楽しくするためのものが、ワンストップで借りることができるのは面白いサービスだと思います。

通信環境を整えるにあたり、やはり必需品なのは「モバイルバッテリー」でしょう。

日本でも充電切れを出先で起こすたびに口惜しい思いをしますが、旅先ではなおさら。写真を撮ろうと思ったとき、地図を見ようと思ったとき、ホテルで予約画面を見せようとしたとき…など場面はさまざま。そんな時に活躍するのがモバイルバッテリーです。

筆者も旅先に必ず持っていくのがこれ

iphone8を7回充電できる代物です。もちろん使えるのはiphoneだけではありません。Android、モバイルルーター、Apple Watchなどなど・・・用途はたくさん。備えあれば、憂いなし!

長い記事になりましたが、お読みいただきありがとうございます。少しでもお役に立てれば幸いです。またSIMカードのご購入を検討されている方は是非こちらもご覧くださいね!

アルバニアでSIMカードを手にいれる

.

.

.

自分では参加しないと思っていたランキング。
旅行仲間、東欧・中欧好きと繋がりたい、そんな一心で始めました。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村