イスタンブール空港ラウンジの場所(行き方)、入り方、楽しみ方

イスタンブール空港ラウンジの場所(行き方)、入り方、楽しみ方

この記事は2018年前半に書かれたもので、旧アタテュルク空港についてです。

イスタンブール・アタテュルク空港(İstanbul Atatürk Havalimanı)はトルコ共和国の国際空港。

スターアライアンスのターキッシュ・エアラインズがベースとしており、日本からは欧州便と比べ、少々お安い値段で航空券が取得できることからお世話になっている方も多いのではないでしょうか。

ある意味ヨーロッパへの東の入り口で、飛行時間は11時間程度と少々長めなものの、サービスの良さから好評を得ているエアラインズとともに、世界中から人があつまる魅力的な空港です。

日本では滅多にみることのできない国籍の方がおり、さまざまな文化を味わうことができます。そんな国際空間を楽しんでみるのもこの空港だからできることなんです。

先ほど世界中から人が集まる空港だと述べましたが、旅客数は今や世界有数。

入国審査や保安検査場はほぼ「パンク状態」にあり、「保安検査場」「入国審査」「出国審査」では基本30分待つ覚悟が必要です。

加えて少々「横入り」をする人も多く、なかなか気の抜けないところもあります。「ファストトラック」でスムースに行列を飛ばすことができる他、搭乗手続きがスムースになる、スターアライアンスゴールド会員を取得したくなる理由もここにありました。

そして、いわゆる「スタアラゴールド」の魅力が存分に味わえるのがここ「イスタンブール・アタテュルク空港」なのです。

知る人ぞ知る、イスタンブールの空港ラウンジ

世界的な航空サービスリサーチ会社SkyTrax社の格付けでは、トルコは良い数字を得ています。
このラウンジも何度となく評価を得ているのです。

何がよいのでしょう?

空間、食、アクセスのしやすさ。この3つに尽きます。
しかし、この世の中には「ラウンジの魅力」が書かれたブログはたくさんありますので、空間や食の魅力はぜひ他の方のレポートも参考にして見てくださいね。

結論を知りたい方は「どこにあるの?」と「誰がいつ入れるの?」この2つを読んでいただければと思います。

どこにあるの?

入国、出国時問わず「220番ゲート」方面にあります。
トルコではゲートが3桁の数字で書かれていることが多く、
その範囲の中にある数字をしっかりと確認する必要があります。
例えば220番ゲートは209-222などといった範囲の中にあるわけで(これは例です!)、
自分のゲートを確認するにしても、ラウンジにいくにしても必要な情報です。

目印はStarbucks Coffee。その向こうに豪華な入口があります。

トランジットの保安検査場次第では少々場所が遠くなりますが、
いつも筆者は成田からターキッシュエアラインズを使い、保安検査場を通過し、
おおよそ5分ほど歩いているイメージがあります。

途中には免税品店の数々が。ものに溢れる世界を体験でき、これまた魅力的です。
ラウンジ目の前のスタバもまた快適な空間ではあるのですが、
ここはグッとこらえてラウンジに行きましょう。

どうやってラウンジに入るの?

ラウンジの扉をくぐると、目の前には美しい……机に座った、
レセプショニストの方々が。列はこの国ではあまり意味をなさないので、
人数を告げ、搭乗券と資格にあったカード*を提示しましょう。
*後ほどご説明します。

確認後、搭乗券を改札にかざし(バーコードみたいなものが付いてます)、
緑色に光ればあとは進むのみです。

何ができるの?

大きく分けて5つのことができます。

無料のロッカーが使えます

改札を通って右側にはコインロッカーが。透明なので、他人の荷物がみられて面白いです。
自分で決めることのできるダイヤルロック式。くれぐれも番号は忘れないようにしましょう。

通な方の中には「え、それから始める?」という人もいるかもしれませんが、
外国にいるときにもっとも警戒しなければならないのが「スリ」。

テロ等大きな事件こそ防ぐことができませんが、盗難などはある程度、
自分で警戒レベルをあげることで防ぐことができます。

とはいえ、長旅で疲れているのにさらに「警戒」までしたくない、
もっとこのラウンジを楽しみたい、そんな方に重宝するのです。

実際に手荷物を預けることで、緊張度が下がります(よくもわるくも)。

シャワーが浴びられます

成田・イスタンブール便はおおよそ11時間程度。決して短いとは言えません。
比較的、他の航空会社と比べ「快適」だと言われる路線でも、
やはり暖かいシャワーを浴びると格別です。

改札を出て、真っ正面に進んでいくと、レセプショニストがいます。
ここで登録を済ませるとシャワーが浴びられます。

あ、あとトイレが綺麗です。

ターキッシュ・エアラインズビジネスクラス利用の方や、高級会員の方は条件によっては「仮眠室」が使えることも。
体験してみたい……!

アトラクションがあります


ほかのブログに既に書き尽くされていますが、このラウンジのユニークさを引き立てているのが「アトラクション」。
まさか空港のラウンジで:
ビリヤード、バーチャルゴルフ、xboxが「普通に」使えるだなんて、想像すらしないのではないでしょうか。

その他、世界中のテレビが見られるメディアウォールで世界をまたにかけるビジネスマンごっこをしたり、
世界中の新聞を流し読みしたり、インターネットの使えるiMacで時間をつぶしたり、
仄暗い映写室で見る映画(ホラーではないと思います)をみたり、リアルなジオラマを使ったカーレースを楽しんだりできるわけです。

また、オーダーによっては「マッサージ」を15分程度受けることができたりと、本当に至れり尽くせりなのです。
サービスはこちらにまとめられています。

wi-fiちゃん

他の空港の例にもれずしっかりと高速wi-fiを使うことができます。

私がこの空港を訪れた時には紙が席上に放置してあり、
その月のパスコードが書いてありました。
(往復でラウンジを使ったのですが、帰りは入力いらずでした・・・いいのか?笑)

最高の飲食環境

概ね、これをしっかりと書きたくてひっぱってきました。
このラウンジの魅力はアラベスク文様を基調とした建築空間と光の使い方、
そして食事(飲み物を含む)なのです。

このラウンジは2層に分かれています。そしてその2層は採光が取れた吹き抜けによって繋がっています。
上下どちらの階でも差はありませんが、基本的には上の階から出入りします。

次に飲食について。

暖かい食事をシェフが目の前で作ってくれます。
トルコ式ピザや、ハンバーグのようなキョフテなど、ローカルの食事を楽しめます。
(概してうまい)
その他、オリーブやペースト、果物は好きなだけ取ることができます。

そんなメニューを見たら、お酒だって欲しくなるのが呑んべい。
ビール(EFESですね!言うまでもなく)、ワイン(赤がうまい)、各種リキュールにスピリッツ、アイリャン(塩で味付けされた飲むヨーグルト)、ソフトドリンク、水(トルコ語でSu。似てます)がいたるところにあります。
心配することはありません。ちょっと歩けば見つかります。

さっき機内食を食べたし、お腹は空いてないし、お酒はちょっと……。
そんな方にもいいお話が。

オーストリア王室御用達のケーキ店・デーメル(DEMEL)のケーキを堪能することができます。
小さく切り分けられているので、たっくさんの味を楽しめます。

また、トルコといえば「紅茶」「コーヒー」。
それぞれ何杯でも、好きなだけ味わうことができてしまうので、
個人的にはトルコに入国しなくてもいいのでは…‥などいつも考えてしまいます。
(いや、絶対観光した方がいいですよ!いいところです!)

その他

礼拝堂があったり(みなさんお祈りしますもんね)、噂によるスパがあるとか。
いずれまた使うことになるこの空港、しっかりと確認してまいります。

誰が、いつ入れるの?

さて、そんなラウンジですが、入場資格があります。

Lounge Istanbul は誰が利用できますか。
ターキッシュ エアラインズのビジネスクラスのお客様、はエコノミークラスでご旅行の Miles&Smiles Elite および Elite Plus カードメンバーのお客様、スターアライアンスのゴールドメンバーのお客様は、Lounge Istanbul とそのすべてのサービスをご利用になれます。 詳細については弊社の Miles&Smiles ページをご覧ください。
(https://www.turkishairlines.com/ja-int/flights/fly-different/lounge-istanbul/index.html:2018年8月5日参照)

おそらく日本人としては、
スターアライアンスのゴールドメンバーになるのが、選択肢としては一番楽そうですね。
(ANAでプレミアムポイントを50,000ためる…‥ということです)

またこの空港、プライオリティーパスを使って入ることができます。

搭乗者もしくは同乗者1名(カードの条件による)が、無料でこのラウンジに入れるのです。
ある意味「裏技的」で世界中のラウンジを利用することができるわけです。

あまりにも快適すぎて、いや、本当に快適で是非ともご自分のフライトを乗り過ごすことのないようご注意ください。
この空港は広い他、少々作りが複雑、人も多く思ったように進めないですし、免税店の魅力もあります。
加えて日本の空港とは異なり、アナウンスは皆無です。自分で時間管理をしっかりとしましょうね!

さて、ラウンジを使うためには何らかの高級会員の資格が必要なのが難しいところ。
航空会社の高級会員になるのには意外と骨の折れることです。
その証拠に「修行僧」なる言葉も存在するのです。
ですが、ラウンジだけに特化した場合、先ほども述べましたがPriority Passなんて技もあったりするわけです。

プライオリティパス(Priority Pass)は強い

海外旅行が好きな方は一度でも耳にしたことがあるのではないでしょうか。どの航空会社、登場クラスに乗ろうともラウンジが使える素晴らしいプログラムです。会社の事情などによっては、もしくは旅行先によってはいつも贔屓にしている航空会社が使えない、そんな時に束の間の休息を与えてくれるのがこのプログラムです。

プライオリティ・パスは、ご利用の航空会社やご搭乗クラスにかかわらず、世界各国あらゆる場所で空港ラウンジをご利用いただける世界最大級の空港ラウンジ・アクセス・プログラムです.ご旅行やご出張の頻度にかかわらず、世界130か国500都市に及ぶ1200 か所以上の空港ラウンジネットワークが旅の始まりをいつもサポートします.
(出典:https://www.prioritypass.com/ja/member-support/faq 2018年6月23日アクセス)

例えばAmerican Expressのプラチナカードメンバーは無料で作ることができます。
もしご興味のある方がいらっしゃったらぜひ……。

とにかくシンプル、ラウンジが使えた方が時間は有効に使える

基本的には乗り継ぎの少ない便で旅をされる方が多いとは思いますが、もし乗り継ぎのある場合、少しでも時間を有効に使いたい、その国の雰囲気を味わって見たい・・・方もいらっしゃるはず。

ラウンジはそんな方にもってこいです。無料で軽食、アルコールを含む飲料が提供され、場所によっては絶品スイーツが堪能できるところも。
移動中でも旅は旅。最大限に楽しむきっかけになるはずです。

というか、そうなりますように・・・!