小松空港のラウンジの場所、入れる人、楽しみ方

小松空港のラウンジの場所、入れる人、楽しみ方

石川県の空港といえば小松空港。

北陸新幹線が開通して以来、東京圏からの利用客は新幹線か飛行機かを選べるようになりました。

その結果として少々航空券の値段がいくばくか財布に優しい心地がします(?)。

今回は小松空港のラウンジについてまとめてみました。

3つのラウンジ

小松空港には「スカイラウンジ白山」航空会社系2つ(ANA LOUNGE, JALサクララウンジ)の計3つがあります。

条件にあったクレジットカードをお持ちの方は、誰でも空港ラウンジに入ることができます。

どこにあるの?

「スカイラウンジ白山」は小松空港国内線ターミナル2階、保安検査場手前。

保安検査場を正面にして右手、BLUE SKY(JAL系の売店)福井県のおみやげが買えるコーナー奥の細道をさらに進んだところにあります。

「ANA LOUNGE、JALサクララウンジ」は保安検査場通過後、ANA LOUNGEは右手に、JALサクララウンジは左手にあります。

ANA LOUNGEについて

JALサクララウンジについて

誰が入れるの?

「スカイラウンジ白山」ラウンジ入り口に掲示があるので要確認です。

基本的にさまざまなカードの「ゴールド」以上のランクをお持ちの方が入れます
しかし、お金を払えばそのほかの方も利用できますよ! たとえば大人2時間の滞在で1,080円です。迷うところです……!支払いはカードでもOKです。

空港へのアクセス時間、空港での待ち時間と相談して、それでもといった場合はいっても良いかもしれません。

個人的には食事はなく、アルコールも有料ですので、本当に必要な場合は使うといったところでしょうか。

ラウンジ利用資格について詳しくは、空港ホームページに詳しく明示されています。

ANA系のANA LOUNGE方はプレミアムクラス搭乗か、ANAのプラチナクラス以上の上級会員もしくはSFC(スーパーフライヤーズクラブメンバー)、JAL系のサクララウンジの方も同様上級会員の方は利用することができます。

何があるの?

ここからは筆者の利用した「JALサクララウンジ」に絞って話を進めます。

ゆったりくつろげる椅子、給電のできるテーブルと椅子、ソフトドリンク、アルコールドリンクの提供(ビールが充実していました!)、スナック菓子の試食ができ(販売もしていました)、かつ読み放題の新聞や雑誌があります。

公衆無線(Wi-Fi)も飛んでおり、インターネット環境にも不自由しません

ただし、食事の提供はありません。

トイレはラウンジの内に、入り口付近にあります。

小松空港は売店も多く、喫茶店と飲食店も充実しています。空港内も整備されており、ちょっとしたマッサージも楽しめます(私が行ったのは夜なのですでに閉店していましたが・・・)。

選択肢が多く、かえって悩ましいですが、ぜひ旅の最後にゆっくりとした時間を楽しんでくださいね!