台湾・台北松山空港ラウンジの場所、入れる人、楽しみ方

台湾・台北松山空港ラウンジの場所、入れる人、楽しみ方

日本から台湾にいく際は、2つの窓口があります。桃園空港(タオユエン)と松山空港(ソンシャン)です。イメージ的には桃園空港が成田空港、松山空港は羽田空港のようなイメージ。国内線が多く発着しています。

アクセスは台北市内の中心部にあるため抜群(タクシーで1,000円程度)。個人的にはとても好きな空港ですが、国際線エリアは小さいので、空港ラウンジはたったのひとつしかありません。

各社共通のビジネスクラスラウンジ「VIPラウンジ」です。ここでは、台北松山空港の国際線のラウンジ「国際線貴賓室」の紹介と、その利用方法を紹介します。

基本情報

営業時間

5:30〜20:30

場所

手荷物検査&出国審査(パスポートチェック)完了後すぐ、左手にあります。

以下参考:


座席の様子

明かりが落としてあり、暗め。思わずぐっすり眠ってしまいそうになるくらい、落ち着いた空間です。

席の作りは向かい合って座るソファーやテーブル席などさまざまあります。

利用者の方は台湾系の方、日本人、男性(ビジネスパーソン)が多い印象です。

食事

何と言っても魅力は飲茶。焼売、小籠包に舌鼓を売ってください。

黒糖饅頭がうますぎてめちゃくちゃ食べました。

飲み物は紙パックに入った台湾の飲料や台湾のビール、ソフトドリンクがしっかりと用意されています。

誰が使えるの?

今まで紹介してきたラウンジは一般的に「プライオリティパス」の使えるものでした。

しかし、このラウンジはプライオリティ・パスは使うことが出来ません! 注意です。

実際にこのラウンジを使うことができるのは、以下の方々です。

ラウンジ入り口には対象航空会社名が記載されています。
・対象航空会社のビジネスクラス搭乗者
・対象航空会社の上級会員と同伴者1名
・各アライアンスの上級会員と同伴者1名

対象航空会社のビジネスクラス搭乗者

・全日空(NH)
・日本航空(JL)
・チャイナエアライン(CI)
・エバー航空(BR)
・中国国際航空(CA)
・中国東方航空(MU)

これらの航空会社のビジネスクラスに搭乗される方は、このラウンジを使用することができます。

対象航空会社の上級会員と同伴者1名

航空会社のステータスをお持ちの方(上級会員)は、ラウンジを利用できます。ここでは日系のもののみ紹介します。

全日空(NH) スターアライアンスグループ

全日空(NH)の上級会員「プラチナ」「ダイヤモンド」メンバーは、同伴者も一名無料でラウンジを利用することができます。

通称SFC(スーパーフライヤーズメンバー)の方も同様です。

ですが「ブロンズ」会員の方は残念ながら利用することはできません。

日本航空(JL)ワンワールド

日本航空(JL)の上級会員「サファイア」「ダイヤモンド」メンバーは、同伴者も一名無料でラウンジを利用できます。

通称JALグローバルクラブ会員の方も同様です。

ですが「クリスタル」会員の方は残念ながら利用することはできません。

各アライアンスの上級会員と同伴者1名

スターアライアンスゴールド会員

全日空(ANA)、エバー航空、中国国際航空を利用する際に、同伴者も一名無料でラウンジを利用できます。
利用できます。

ワンワールドサファイア会員

日本航空を利用する際にラウンジを同伴者も一名無料で利用できます。

スカイチーム エリート・プラス会員

チャイナエアライン、中国東方航空を利用する際に同伴者も一名無料でラウンジを利用できます。

日本ではスカイチーム、あまり縁がないかもしれません。代表的なエアラインには「KLMオランダ航空」やロシアの「アエロフロート」があります。

改めて

プライオリティ・パスは使用できません。注意が必要です。

まとめ

ラウンジでゆったり時間を過ごすのも良いけれども、正直「街にもう少しいてもいいかも」とか、保安検査場手前の屋上展望台で飛行機を見ていても悪くない……なんて思ってしまいました。

とはいえ、プライオリティ・パスが使えないことから、改めて上級会員を取得するメリットを感じたのも事実。空港での時間を最大限「のんびり」過ごしたいならば、ぜひとも目指すの悪くないかも? 皆さんはいかがですか?

(今回写真の手ブレや構図がひどくて申し訳ない・・・)