ウィーン・シュヴェヒャート空港でシャワーを浴びる

ウィーン・シュヴェヒャート空港でシャワーを浴びる

え、シャワーもびられ

場所は前の記事、「ウィーン・シュヴェヒャート空港でラウンジを使う」をご覧くださいな。

非シェンゲン協定以外の国に飛ぶ便は主にターミナル3コンコースGから出るのが、オーストリア・シュヴェヒャート空港。前回の記事でGエリアにあるオーストリア航空セネターラウンジを紹介しました。

なんとここ、登場券を見せる受付カウンター(写真1枚目扉の向こう側)でシャワーを使いたい旨を伝えると、シャワーをしっかり浴びることができます。無料です! 清潔です!タオル・ドライヤー完備でスーツケース置き場もあり。確か30分と時間の制限こそありましたが、旅の疲れをしっかり癒せる便利な場所です。

シャワーの入り口は思ったよりシンプル。確かアルバニアのラウンジもこんな扉でした。

シンプルなのが流行っているのか・・・?!

私はリュックですが、このように荷物を置くことのできる台も完備。着替えを入れるカゴなどがないのは残念ですが、旅先でシャワーを浴びられるだけで個人的には満足でした。

シャワーはスケスケ、気にしたら負けです。

歯ブラシ等はありませんので、使うならば自分のものを。惜しい・・・。

ドライヤーは外した瞬間にスイッチオンだったはず。気をつけて・・・。

もしウィーンに行かれる機会があれば、ぜひ使って見てくださいね!

受付の方も嫌な顔1つせずしっかりと案内してくださいました:)