1/3ページ

東京から日帰り旅。壮観! 朝比奈切り通しを行く

東京に住んでいると、刺激的な日々を過ごせるもの。ですが、予定もなく、することもなく、お金もない(涙)休日となると、どこに行こうか迷ってしまうもの。 もちろん公園でぼーっとしたりするのも良いのですが、東京圏で一風変わった観光スポットを訪れてみませんか? 知る人ぞ知る、それはつまり多くの人が知らない場所。観光地を旅するとき、そんな場所を見つけるとゾクゾクしてしまいます。今回は東京から1時間。神奈川県の […]

コソボ訪問記5:入国初日。旅のはじめにすること

ここまでのお話 到着ゲートでは僕の名前を書かれた紙を持った青年が。ドライバーとしてホテル付きで働いているらしい。名前は何度聞いても覚えられなかった。同い年で誕生日が6日違いの青年。サッカーが好きで、毎週末見に行くのが趣味らしい。 30分ほどの車内、彼は熱く語った。開口一番に東京のことを質問攻めにし、北朝鮮は悪だとか(この国では金正恩をキム・ヨンと発音するらしい)、ブロックチェーンは最高だとか、唾を […]

アルバニアで絶景を見る!ベラトの観光名所8選!

アルバニアには魅力的な都市がいくつもあります。 西部では「ドゥラス(Durrës)」、北部の「シュコダル(Shkodër)」、中部の「ベラト(Berat)」、南部の「ジロカストラ(Gjirokastër)」、南東部の「コルチャ(Korçë)」。特にベラトとジロカストラは世界遺産に登録されているにもかかわらず、日本ではあまり知られていません。 とはいえ、バックパッカーの方など、アルバニアを訪れる人は […]

コソボの古都・プリズレンの観光名所10選!

記事執筆時点で10歳を迎えたばかりの国・コソボの京都? 古都・プリズレンを訪ねたら、ぜひとも訪れたい観光地を紹介します! 街自体はコンパクトなので、1泊2日、お店巡りなども合わせて考えると2泊3日あれば十分に観光できると思います。 首都・プリシュティナ情報はこちらを参考に! プリズレンの観光地 旧市街にかかる石橋ウラグリ プリズレン旧市街のど真ん中にある、ひときわ古くて目立つ橋があります。石橋ウラ […]

コソボ訪問記4:空港

ここまでのお話   赤土の大地を超えて、飛行機は滑走路に着陸する。ほとんど振動のない滑走路。パイロットの腕もそうだが、よく整備された空港なのだろう。誰も拍手することなく、着陸した瞬間からもくもくと真剣に頭上の荷物をみなが取り出しはじめた。 プリシュティナの空港内も、意外と新しく綺麗な空港だ。トイレに駆け込んでもそうだ。 ただ、人がいない。到着した便とごくわずかな職員を除いて。電気もついて […]

ポーランド・ワルシャワ・ショパン空港のラウンジ

ポーランド・ワルシャワ・ショパン空港(Lotnisko Chopina w Warszawie)はポーランドの国際空港。2014年に筆者が訪れた時以来、2018年に訪問しましたが、近代的かつ綺麗な空港で感動しました。日本からの直行便もありますし、スターアライアンスの方は使いやすい空港になっています。ある意味ヨーロッパへの東の入り口で、クラシックファンにはたまらないネーミング、そうフレデリック・ショ […]

コソボ訪問記1:出国前に思うこと

ANA、羽田空港発フランクフルト行きの便は深夜発。ANAラウンジには思った以上に多くのドイツ人が集まっていた。電話率が高く、響き渡るドイツ語が印象的だ。楽しそうにニコニコしている。かたや、日本人は仏頂面。長旅を前に緊張しているのだろうか。一般にドイツ人は時間を過ごすのが上手いようにも思えるし、電話の相手は誰だろう、と妄想が広がる。今でこそ、国内線の機内wi-fiサービスは浸透してきつつあるが、国際 […]

ウィーン・シュヴェヒャート空港でラウンジを使う

ウィーン・シュヴェヒャート空港(Flughafen Wien-Schwechat)はオーストリア東部ニーダーエスターライヒ州(Niederoesterreich, Oesterreich)にある国際空港。冷戦時代から中立国だった関係で西欧と東欧を繋ぐ役割を果たしてきました。個人的には逸話ありの好きな空港です。 ターミナルは複数ありますが、基本的には新しいターミナル3(Terminal 3)を使うこ […]

フランクフルト空港でラウンジを使う

フランクフルト空港(Flughafen Frankfurt am Main)はドイツ西部にある国際空港で、ヨーロッパのハブ空港の1つ。 今となっては時代を感じさせる作りではありますが、全日本空輸(ANA)とコードシェア便もあるルフトハンザ(Lufthansa)のメイン空港ですので、日本から欧州便に乗り継ぐ際にお世話になる方も多いのではないでしょうか。 特にスターアライアンスユーザーは、かくいう私も […]

コソボでSIMカードを買ってみる

20代も後半の私ですが、物心ついた時からスマートフォンが手元にありました。それは嘘ですが、18歳の時に初めて見たiPhone 3GSには感動した覚えがあります。まだ動きがカクカクだったそれも、触ってみたら驚きの連続。近未来が一気に来たような感覚さえ覚えたあの日から10年。今ではすっかりスマホ中毒となり、右手には常にiPhone 8が握られています。 そんな私ですので外国に行っても当然スマホは手放せ […]

1 3