旅 アルバニア

2/2ページ

Dajti山(ダイティ山)への行き方

アルバニアの首都ティラナ。比較的、平地にあるこの首都の東側にDajti(ダイティ)山はあります。 国立公園にも選定されているDajti山への行き方を今回は紹介します。 (実は戦争博物館であるBunkartも同じ行き方です!) すぐ知りたい! スカンデルベク広場の近く、観光地にもなっている「時計塔」の近くからバスは出ています。 “Porcelan”行きのバスに乗りましょう。運 […]

アルバニアで両替をしよう

海外旅行をしていれば、両替は付き物。いざという時に見当たらないExchangeの文字と、魅惑のキャッシング。 今回は、銀行で筆者が日本円を両替した記憶を元に、この国ならではのシステムを紹介します。 すぐ知りたい! アルバニアでの両替に必要なのは「元の通貨とパスポート」の2点。これを揃えた上で、窓口で変えたい金額を伝えます。その時、銀行員に父親の名前を尋ねられます。それを紙に記入して両替終了。意外と […]

Berat Castle, the heart of Albania

    ぜえぜえと息を吐きながら、膝に手を吐きながら坂道を登る。 ベラト城は当然だけども丘の上、これはシュコダルのロザファ城も同様だが、 なんとか頑張れば徒歩で登ることができる。 磨り減った上に、磨かれ光り輝く石畳が物語るのは、幾人もの人がここを歩き城下町と城を往来したこと。 雨の日には滑る。どんな靴でも。だから地元住民は僕に言う、 「本当に危ない、ここを軽快に歩けるのはヤギ( […]

Gjirokastër, the place of stone.

  思い出は風化する。それと同時により良くもなる。 鉄道のない国、ハイエースに乗って朝早くティラナを出発した。 これから6時間走り続けるのだそうだ。何度休憩があるのかは聞いていない。 不安ばかり残る。所要時間だって正確かもわからない。 ずっと、ずっと写真を撮っていた。先の記事でも書いたが、 笑われようが、何言われようが。 石の街・ジロカスタルについた時、長い坂道の下についた。 両脇を見上 […]

In-, Outside of Shkoder

↓クリックすると大きくなります。 北方の街シュコダルは独特な街だった。かつて鎖国していたこの国で、国際的な要素を一瞬でも感じることができたのは、大きな湖とその向こうにある国、モンテネグロのおかげだろう。ティラナからのバスを降りるとすぐに “Taxi” と声をかけに来る運転手たち。アルバニア語では聞かれない音が聞こえる。モンテネグロ語だろう。筆者はかつてブルガリア語を学んだこ […]

Albanina on the road

アルバニアの道中のお話。国内の移動はバスでの移動が基本だ。とはいっても、バスのレベルもまちまちでハイエースのような車に乗るときもある。しっかりと窓際をキープして、恥も知らずにシャッターを切り続けた。同乗者はみな笑っている。何もない風景を撮っているのだから。でも仕方がない、撮らなければ僕は何も持って帰れないのだ。 自分では参加しないと思っていたランキング。 旅行仲間、東欧・中欧好きと繋がりたい、そん […]

目に見える世界の向こうに

マイナーな国に行きたい、そんなモノ好きは結構多いらしい。言葉の選び方的に、多方面から怒られそうだが、人と違うことを欲する考えは誰でも持っていそうな気がするが、やはり僕自身もそうなのだ。 さまざまな国を旅してきたが、数えてみるとその大半が旧共産圏。よく「なぜメジャーな国に行かないのか」と理由を尋ねられるが、未だに僕の説明を理解してもらえることは少ない。「老後だって行けるじゃん」。老後、すなわち50年 […]